こちらでは、所得税の定義について説明します。

所得税とは

一般的に言われる所得税とは、個人の所得(収入から控除を引いた金額)にかかる税金をさします。これはより正確には個人所得税と呼ばれます。広義には法人にかかる所得税(法人税)や住民税を含めて所得税ということもありますが、日常的には前者の使い方をされることが多いでしょう。

所得と呼ばれるものにも、さまざまな種類があります。給与だけでなく、不動産を賃貸して得た収入や、公的年金、株の配当金なども所得とみなされます。

どんな所得の分類があるのかは、「所得税の対象とは」でご覧いただけます。

収入額によって、かかる所得税の率は変わってきます。具体的な所得税率については「収入額別の所得税」の記事をご覧ください。