自営業者(個人事業主)は、会社員と違い、自分で確定申告をして税金を払わなければなりません。

ここでは、自営業者の人が払う義務のある税金についてまとめてみました。

自営業の人が気にしなければならない税金とは

所得税…年間所得が基礎控除額である38万円以下であれば確定申告および所得税の支払いはありません。

住民税…自治体から送付される納付書に従って納税します。

個人事業税…事業内容に応じて年2回課されます。こちらは控除が290万円となり、それ以上の事業所得がある場合に適用されます。所得税の確定申告をした人は、事業税の申告は必要ありませんが、やはり自治体から納付書が送付されます。

消費税…会社員と最も異なるところでしょう。事業売上が1000万円以上の場合に課される税金です。